2010年10月20日

Sept.1(Thurs)



Sept.1(Thurs)

あのころにはきっともう戻れないから
ただ毎日を 塗りつぶすだけ
時が経つにつれて 消えていく選択肢
いつの間にか 迷子みたいだ

行き場のない感情と ないわけない不安は
ゆるりと過ぎる幸せと だらっと続く日常に

たとえば何かなくしても 笑えるときがくるのなら
わすれないでいられるよう 終わらないエンドロールを
ずっと なんども

今日が終わるのが 怖くて目を閉じた
それでもまた 不安になるから
このままじゃ駄目だって もがいているうちに
体に毒が溜まっていくみたいだ

出口のない自問自答 夢の中歩くみたいに
うまく前に進めずに さらりと過ぎる夏の日

たとえば何かなくしても 笑えるときがくるのなら
わすれないでいられるよう 終わらないエンドロールを
ずっと なんども 

きっと 繰り返していくだけ




作詞・作曲/HarmKia
歌/根音ネネ



決められたレールにすら乗り損ねて、このままじゃ駄目だと思いつつ、
それはそれで心地よかったりして。でもたまに不安になる。

音は大好きなシューゲイザー。歪みとディレイとリバーヴ。
マイブラ的なチョーキングやアーミングによる浮遊感ではなくて、
ライドやスロウダイヴのようなリバーヴ感を意識しました。
ボーカルには大好きな「根音ネネ」を。
ネネは意外とアタックの強い声なので、やかましい音に入れて、声に空間系をバリバリ掛けても
ちゃんと華があるので、すごくいいなあって思います。

歌詞は、何かをなくして、それすら忘れていくのが怖いという歌です。
深く掘り下げたいという方は浅野いにお作「ソラニン」と
それが原作の映画「ソラニン」を読んだり観てみたりするといいと思います。


良かったら聴いてみてください。
posted by HarmKia at 15:44| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

いまはまだ踊らない。



いまはまだ踊らない。


引いた線の先 消えない闇

不安になって泣いて 朝になって忘れて
繰り返して 繰り返して
触れるたびに揺らいで 踏み込めずに過ぎて
繰り返して 繰り返して

描いた円をなぞるように 揺れている髪

不安になって泣いて 朝になって忘れて
繰り返して 繰り返して
触れるたびに揺らいで 踏み込めずに過ぎて
繰り返して 繰り返して



作詞・作曲/HarmKia
歌/根音ネネ・HarmKia
絵/eruriさん(http://bit.ly/61ZzVO)



線を引く歌。
元は知人が書いたこれとは全く関係のない詩があって、
それにふらっとなんとなしにコードとメロディを付けていたのですが、
途中で「不安になって泣いて 朝になって忘れて」というフレーズが
浮かんで離れなくなってしまい、自分の曲として歌詞を一から作り直しました。

作っている途中にどうしても「これは自分の歌だ」という気持ちが強くなってしまい
気が付いたら歌っていました。
途中で入る咳は、咳が止まらない病によるもので、消すこともできたのですが面白いからいいかな、と。
SUPERCARの「Daydremer」へのオマージュという意味合いも込めて。

イラストはeruriさんよりお借りしました。
eruriさんのイラストは元から本当にすっごく好きで、恐れ多かったのですが、
勇気を出して連絡を取ったら快く承諾してくれて、わーいと一人で小躍りした記憶があります。
このちょっとミステリアスな表情に距離を感じるところがすごくいいなって。

良かったら聴いてみてください。

posted by HarmKia at 10:23| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

Poolside Girl.



Poolside Girl.

ナツノヒカリ まぶしすぎて
俯くきみ 横顔 魅力的で
照れるぼくを からかう彼女
染まる頬を夕陽のせいにして、さ

夏が過ぎて 大人になった
彼女の髪は 黒から茶色になった
意味もなく落ち込んで
胸の痛みを 暑さのせいにしたんさ

夏の終わり Poolside Girl.
揺れる髪 思い出して
夢の終わり poison and love.
アオい季節想い抱いて



作詞・作曲/HarmKia
歌/ましゅー(カステロイド)
声・歌/根音ネネ



人が大人になるのを見るのって、ときにしんどかったりします。
それが淡い想いを抱いていた人であるならなおさらに。

曲はピアノのコードがうまく響いたのでそれで押し切りました。
ループの中でメロディを組み立てるのは好きで、ぼくの曲のほとんどはその手法で出来ています。
メインのボーカルはカステロイドの「ましゅー」。
少し陰のある声で、特に加工しなくても少しケロッた感じになるのが、すごくいいなって。
コーラスとバックボーカルには「根音ネネ」を。あと声として一部うっすらと使っています。
ネネの声は扱いやすく、いろんな声との相性がよく、何より良い声でUTAUの中で一番好きです。

良かったら聴いてみてください。
posted by HarmKia at 01:24| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。