2014年01月01日

2013年観た映画・DVDまとめ。

あけましておめでとうございます。
気がつけば、一年以上ほったらかしにしていたんですが、
昨年に引き続いて、2013年に観た映画をまとめていきます。
同様に、劇場で観たうちの3本、DVD/BDで観たうちから1本挙げていきたいと思います。

映画館で観た映画3本
・言の葉の庭
今年観た中で一作を挙げるなら間違いなくこの作品です。
観た日からもう随分と時間がたつのに、未だに言葉にするのが気が引けるほど。
とってもロマンチックで美しくて、同時に残酷でもある圧倒的な映画でした。

・サカサマのパテマ
観終わって「楽しかった!!」と心から思えた気持ちのいい映画でした。
まっすぐで王道な物語で、人の気持ちにちゃんと納得できて、
ああやっぱり良く出来た王道って凄いんだ!って嬉しくなりました。

・プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命
今年観た洋画の中ではダントツに面白く好きな作品です。
二度と観たくない人生のベスト映画「ブルー・バレンタイン」の監督作というのと
中盤以降の展開に賛否が分かれるようですが、劇中で流れる十数年の時間を
観終えた後、背負わされるような、ふうと息を吐いて鳥肌が立つようなあの感覚が味わえたのが
たまらく幸せでした。

本当は他にも好きな作品はあるのですが、特に思い入れがあるのはこの3本です。
次点というべきか、すごく良かったのは「映画ドラえもん のび太のひみつ道具ミュージアム」です。
映画としての完成度や魅力はまずまずなんですが、あの手この手で盛り上げようとする熱意と
なにより、国民的キャラクターのドラえもんを新しく描くんだ!っていう姿勢が素晴らしかったです。
他に「はじまりのみち」はぼくが木下恵介監督作を知らない、
そして直後に「言の葉の庭」を観てしまったというのもあって、その素晴らしさを理解し切れてないな、と。
あと「裏切りのサーカス」は凄まじい映画だと思うし、無茶苦茶惹きこまれたのですが、
全国公開は昨年だったので入れませんでした。

DVD/BDで観た映画1本
・虹色ほたる〜永遠の夏休み〜
昨年見逃した映画の中で一番後悔した映画です。
パテマや言の葉とは違い王道から少しずつズレていき、最終的には随分距離が遠くなっていく
少し変わったバランスの映画なんですが、その距離感の取りかたも含めて凄く好きです。

その他、「イヴの時間 劇場版」「マイマイ新子と千年の魔法」「蛍火の社へ」と
いわゆる独立系アニメ映画は、個人的に好きで応援したいと思ってしまっていて、
どれも本当に素晴らしかったです。

▼映画館で観た映画(ムーブオーバー含む)計39作
ゼロ・グラビティ
永遠の0
悪の法則
ウォールフラワー
かぐや姫の物語
清須会議
サカサマのパテマ
42?世界を変えた男?
アップサイドダウン 重力の恋人
エリジウム
マン・オブ・スティール
ガッチャマン
パシフィック・リム
ワールド・ウォーZ
風立ちぬ
SHORT PEACE
モンスターズ・ユニバーシティ
華麗なるギャツビー
舟を編む
プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命
ハル
言の葉の庭
はじまりのみち
コッホ先生と僕らの革命
藁の楯 わらのたて
アイアンマン3
ドラゴンボールZ 神と神
ジャックと天空の巨人
ザ・マスター
シュガー・ラッシュ
ドラえもん のび太のひみつ道具ミュージアム
アルゴ
世界にひとつのプレイブック
ムーンライズ・キングダム
最強のふたり
裏切りのサーカス
テッド
黄金を抱いて翔べ
東京家族

▽DVD/BDで観た作品。計45作
007 SKYFALL
しわ
SUPER8
ヒアアフター
さんかく
虹色ほたる〜永遠の夏休み〜
パンズ・ラビリンス
スタートレック(2009)
戦場でワルツを
エターナル・サンシャイン
第9地区
蛍火の杜へ
25年目の弦楽四重奏
素敵な相棒-フランクじいさんとロボットヘルパー
ファンボーイズ
セレニティー
ドラえもん のび太と奇跡の島〜アニマルアドベンチャー〜
鉄コン筋クリート
プロジェクトA
50/50 フィフティ・フィフティ
最低で最高のサリー
グスコーブドリの伝記
モンスターズ・インク
ドラえもん のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い
プリンセスと魔法のキス
ミッドナイト・イン・パリ
メリダとおそろしの森
ジョン・カーター
仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX
たゆ たう -GOOD TIME MUSIC of clammbon-
川の底からこんにちは
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦
猿の惑星: 創世記
銀河鉄道の夜
アンストッパブル
サイドウェイ
ベスト・キッド(2010)
イングロリアス・バスターズ
キッズ・オールライト
マイマイ新子と千年の魔法
ザ・ファイター
塔の上のラプンツェル
イヴの時間 劇場版
グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち
グラン・トリノ

合計84作品。
100作は超えられませんでした。
posted by HarmKia at 00:52| Comment(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

2012年観た映画・DVDまとめ。

今までは映画館で映画を観るなんて年に一回あるかないかぐらい、
DVDでの鑑賞にしても年に20本くらいだったのですが、
今年は気が付いたら映画の日には必ず映画館へ足を運び、週に一度はレンタル店へ行くという
サイクルが、特に引越してから確立したため、人生で一番映画を観て、映画について考えた年でした。
なので一年のまとめとして映画館で観た今年の映画5本とDVDで観た映画5本をピックアップしようと思います。

映画館で観た映画5本
・おおかみこどもの雨と雪
「映画に恋をした」と言ってもいいほど好きな映画になりました。
もうホントに好きで、一時期は何事も手に付かないくらい。思い出すだけで涙が出るほどに。
何が、というのは自分でもわからないんですが、
恋人であり、親子であり、家族であり、近所の人であり、同級生であり、先生であり、
圧倒的に他者でしかない存在をどうやって受け止め、受け入れるかという映画だと思っています。
とくにラストカットからタイトルクレジット、エンドロールという流れが本当に素晴らしくて、
二度目観たときはそこで涙が止まらなくなるほどでした。

・ルビー・スパークス
今年の終わりの寸前でとんでもない映画を観てしまった気分になった映画。
「現代のアニー・ホール」と言われる「(500)日のサマー」で本編では描かれなかった
主人公の愚かさと嘘のような恋愛の魔法が文字通り解けてしまうのが、
重なるシーンの爆発力にやられてしまい、実際劇場でもそれまで起きていた笑いが消え
緊張感が漂っていて異質な雰囲気に包まれていました。
「(500)日のサマー」はこれまで人生ベスト級に好きな映画だったんですが、
それと並んで、むしろセットで大切な映画になってしまいました。

・桐島、部活辞めるってよ
多くの人が口を揃えて言うように、間違いなく今年一番の実写邦画映画だと思います。
「青春」という言葉の残酷さというか、あの二度と味わいたくない閉塞感を切り取ったのは勿論、
何かに憧れて、好きで、真似をして、何かをつくることの愚かさとそれでもやってしまう理由が
描かれるシーンは、心からそうだよ!と叫んでしまいたくなりました。
(「腑抜けども〜」も創作や表現が爆発するシーンは素晴らしかったですね)

・アベンジャーズ
大好きなヒーロー達がわいわいきゃっきゃするのは勿論、
映画を観て、例えば中学生の頃初めて友達と映画館で映画を観て味わった興奮を、
また味わうことができたという嬉しさがありました。
劇場の雰囲気もすごくよくて相乗効果で楽しかったー!!という映画でした。

・幸せへのキセキ
喪失と再生というテーマもそうですが、
なによりもシガーロスの音楽がこんなに明るく前向きな多幸感に満ちたふうに聴こえるんだ、と
Hoppipollaが流れるシーンで自分でも驚くほど涙が出てしまいました。
物語的にはご都合主義というか緩さは結構あるんですけれど、
中盤のmac bookとにらめっこしながら、進むをクリックできないという演出も素晴らしかったです。

DVDで観た映画5本
・おと な り(2009)
Twitter上で教えていただいた映画で、
普段だったら多分手に取らない系のジャンルなんですがすっごく良かったです。
こいつ最低!からの嘘みたいな素敵な展開は、物語ならではの多幸感に満ちていて、
エンドロールの音だけのやりとりに自然と笑みが浮かんで目は号泣、みたいな。
あと麻生久美子さんの実際に生きている感じがちょう良いです。

・ブルーバレンタイン(2010)
二度と観たくないけれど、絶対に忘れられない大切な一本です。
本当はたぶん誰も何も「悪い」とは言えないのに、疲弊して終わってしまう関係性と
あの素晴らしかった日々が重なって打ちあがる花火のあのシーンはまさに「鬼畜の所業」だなあって。

・ラビット・ホール(2010)
「疲弊して終わる関係性」「喪失と再生」「創造や表現による苦い救い」が
描かれているものが好きなんだなっていうのが最近になって分かってきて。
この映画も例えばブルーバレンタイン、(500)日のサマー、ルビー・スパークスといった作品と
並べて好きだ!って言いたい作品です。
(あえて選ばなかったですけど「ぐるりのこと。」も本当に素晴らしく好きです)
なにより喪失の先にあるのは再生の前に「混乱」なんだっていうのを描いているところと、
ほんのささやかな救い(なのかな?)っていうところで終わるラストも素晴らしかったです。

・アニー・ホール(1977)
や、もう、これはぼくが好きなやつの原点なんじゃなかろーか、と。
上に挙げた要素が全て入っていて、なおかつちょうポップ!

・仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ(2010)
前々からこの映画の評判を聞いていて事前の準備として仮面ライダーWを
映画と平行して借りて観ていたんですが、や、もうホント良かったです。
これを幼い頃から観れていたらとっても贅沢だろうなあって。
2012年は映画と同時に仮面ライダーWもたくさん観ていた年だったので、それも含めて。


▼映画館で観た映画
ヒミズ
しあわせのパン
幸せへのキセキ
アメイジング・スパイダーマン
おおかみこどもの雨と雪
ダークナイト ライジング
アベンジャーズ
あなたへ
踊る大走査線 THE FINAL 新たなる希望
天地明察
終の信託
桐島、部活辞めるってよ
北のカナリアたち
のぼうの城
人生の特等席
エクスペンダブルズ2
ルビー・スパークス
映画 妖怪人間ベム
ホビット 思いがけない冒険
レ・ミゼラブル

▽DVDで観た作品。()内はwikipediaに載っている公開年
アイアンマン2(2010)
おと な り(2009)
colorful(2010)
ペルシャ猫を誰も知らない(2009)
リトルランボーズ(2007)
9 〜9番目の奇妙な人形〜(2009)
スパイダーマン(2002)
ブルーバレンタイン(2010)
ダークナイト(2008)
トゥルー・グリッド(2010)
インクレティブル・ハルク(2008)
ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-(2007)
ゴーストワールド(2001)
僕らのミライへの逆回転(2008)
ヒックとドラゴン(2010)
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001)
マイティ・ソー(2011)
ローラーガールズ・ダイアリー(2009)
カーズ(2006)
あの頃ペニー・レインと(2000)
ディア・ドクター(2009)
スケアクロウ(1973)
ぐるりのこと。(2008)
エンジェルウォーズ(2011)
SPACE BATTLESHIP ヤマト(2010)
アメリカン・ティーン(2008)
星を追う子供(2011)
X-MEN: ファースト・ジェネレーション(2011)
ラビット・ホール(2010)
英国王のスピーチ(2010)
宇宙ショーへようこそ(2010)
マネーボール(2011)
デジモンアドベンチャー02 前編・デジモンハリケーン上陸!!/後編・超絶進化!!黄金のデジメンタル(2000)
おとなのけんか(2011)
ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式(2007)
イリュージョニスト(2010)
カウボーイ&エイリアン(2011)
仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010(2010)
エクスペンダブルズ(2010)
リトル・ミス・サンシャイン(2006)
エレファント(2003)
仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ(2010)
特攻野郎Aチーム THE MOVIE(2010)
河童のクゥと夏休み(2007)
ピープルVSジョージ・ルーカス(2012)
俺たちに明日はないッス(2008)
腑抜けども悲しみの愛を見せろ(2007)
アニー・ホール(1977)
レイチェルの結婚(2008)
ファンタスティック Mr.FOX(2009)
ヤング≒アダルト(2011)
ももへの手紙(2012)
十三人の刺客(2010)
ゲド戦記(2006)
ザ・タウン(2010)

計76作(内20本が劇場で観た作品)
posted by HarmKia at 22:06| Comment(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。